絵物語「ジャックの箱庭」

箱に閉じこもっていたジャックの目に映る世界の姿。絵と文章でつづる人々の群像劇です。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

◆ジャックの箱庭 03「青虫と赤い自転車」

絵物語03「青虫と赤い自転車」a(450)


蜜柑の葉が喰われていた。

五月に入り、風も空気も暖かくなってきて寒さもゆっくりとその存在を忘れさせてくる。
そんな春の陽気がとても気持ちいい時期に、私は菜園の手入れをしていた。
多摩の陽射しはとても強かったが、私はニコニコしながら水を捲いている。
決して大きくは無い菜園だが、私の自慢の庭だ。

けれど、そんな自慢の庭を脅かす存在がいる。
青虫達だ。彼らはいつだってこの時期にやってくる。
新しい命のために葉っぱへ卵を産んでいき、美しい蝶になる為、その葉っぱを食べていく。
特に私の菜園で一番人気なのは蜜柑の木だ。
青虫達の中でもよほどの美味なのか、放っておくと、葉がまるごと食べられることもある。
そして…そんな欲張りな青虫達の成長した姿を、一目見てみたいという気の迷いこそが
きっと一番の難敵なのだ。ようするに、私は甘いのだ。

菜園は瑞々しく、蜜柑の木や他の植物の葉が水を浴びて気持ちよさそうにしていた。

庭に水を巻いていると、家の中から娘のドタバタした足音が響いてきた、
どうやら習い事の道具を探しているらしく、
部屋の中から『どこぉ?』と言った可愛らしい声が聞こえてくる。
娘は今年で6つになる、聞く度に好きな相手が変わる娘を見ていると、
大きくなった時にどんな娘になるのか、期待半分、心配半分であった。
もっとも、あの人は心配で心配でたまらないようだけど。

そんな私の二つ目の自慢である娘は、最近になって意中の相手を見つけたようだ。
部屋の中から娘の声とは違う、暖かな音が響いた。
それは"三線"と呼ばれている楽器だった。
三味線とは少し違う楽器で、より深みのある音を醸し出す。
春休みに沖縄へ里帰りをした時、たまたま街で弾いていた音に心奪われたようだ。
今まで何に対しても、そんなに執着を見せなかったあの子が、
自分からどうしても習いたい、どうしても弾いてみたいとせがんできた。

娘に甘く昔はバンドを組んでいたあの人は、音楽に関心を持った娘に喜びながら、
すぐに楽器を用意し、近所で沖縄出身の方が開いている三線教室まで見つけてきた。
最初こそ呆れていたが、娘が毎日弾いてくれる音は、いつしか私の楽しみになっていた。

しばらく待つと今度はせわしい程の足音が響いてくる。『遅れるぅ!』と娘の声が反響していく。
玄関のドアが凄い勢いで開閉し、肩に楽器を担いだ娘は、慌てて自転車をとりに向かった。
自転車は真っ赤な自転者だ、最近になってようやく補助輪を外す事ができたので、
いつでも自慢気に自転車をこいで遊びに行っている。
出かける前に一言、私は励ましの言葉をかけようと待っていた。

しかし暫く待っていたが一向に出かける気配がなかった。
私は訝しんで娘の方へ行こうとしたが、丁度でてきたので改めて菜園の方から声をかけることにした。

けれど、何故か娘は自転車にのっていない。
私の頭に疑問が生まれるが、娘は急いで教室の方に向かっている。
駆けていく娘の顔は、なぜか微笑んでいた。
自転車に乗っていないことも含めて、私は不思議な感覚になった。

気になったので娘が乗っていかなかった自転車の方まで近づく、
あんなにも急いでいたのに自転車に乗らず走っていった理由が気になったのだ。
自転車は菜園のすぐ側にあるので、少し近づけば確認できた、

そこで気づく、なんで娘が自転車に乗っていかなかったのか、なぜ微笑んでいたのかを。
季節と一緒に変わってゆく娘の姿を、その背中が視界から消えていくまで見送ることにした、
成長していく娘の姿を頭に思い浮かべていると、

ふと私の頭の中で、娘の三線を弾く心地よい音が、こだましてきた。

絵物語03「青虫と赤い自転車」b(450)
スポンサーサイト
  1. 2010/08/12(木) 03:10:52|
  2. 作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2013/02/07(木) 13:30:27 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://redfox0208.blog134.fc2.com/tb.php/3-33f34550
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。